⛡312〉─1─倒産件数10年連続減 人手不足倒産は過去最多。〜No.783No.784No.785  @ ⓯     

   ・   ・   ・   
 プロフィールに、6つのブログを立ち上げる。 ↗ 
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】・  
 人材不足の原因は、日本民族日本人の少子高齢化による人口激減である。
 若者が減り、老人が増える。
   ・   ・   ・   
 2019年1月15日 産経新聞「倒産件数10年連続減 人手不足倒産は過去最多 東京商工リサーチ
 東京商工リサーチが15日発表した平成30年の全国企業倒産集計(負債額1000万円以上)は件数が平成の暦年で過去3番目に低い前年比2.0%減の8235件で10年連続で減少した。人手不足による倒産は22.0%増の387件と過去最多。緩やかな景気回復が続く一方、人手不足の深刻化が鮮明になった。
 件数は2年(6468件)、元年(7234件)に次ぐ低水準だった。
 負債総額は53.1%減の1兆4854億6900万円。29年の自動車部品大手タカタ(1兆5024億円)の反動減に加え、上場企業倒産が1件に留まり負債10億円以上の大型倒産が198件と元年以来29年ぶりに200件を割り込んだことが寄与した。
 産業別の倒産数では、全10業種のうち小売りとサービス業他が増加。小売りの増加は10年ぶりで、通信販売・訪問販売が押し上げた。原田三寛(みつひろ)情報部部長は「流通形態の変化に伴った」としネット通販の発達で小売価格が下がる「アマゾン効果」の影響と分析した。
 人手不足倒産は事業継続に必要な人材を確保できなかった求人難型、賃金引き上げにより収支が悪化した人件費高騰型が目立ちそれぞれ68.5%増の59件、73.3%増の26件だった。」
   ・   ・   ・