217〉─5─少子高齢化による人口激減で急増する児童への虐待・虐待殺人事件。?No.439  


    ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。  
   ・   ・  【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】 ・   
 日本人の心の奥底に、自分より弱い者をイジメ・虐待する喜びという暗い衝動が秘められている。 
・・・
 2019年2月7日 産経新聞「虐待で児相通告8万人超 30年、警察庁の犯罪情勢
 千葉の小4女児死亡事件で会見する柏児童相談所の二瓶一嗣所長(右)と千葉県健康福祉部児童家庭課虐待防止対策室の始関曜子室長=5日、千葉県庁(桐山弘太撮影)
 警察庁は7日、平成30年の犯罪情勢(件数などは暫定値)を公表した。虐待を受けた疑いがあるとして児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子供は前年比22・4%増の8万104人となり、統計のある16年以降初めて8万人を超えた。刑法犯全体の認知件数は81万7445件で、戦後最少を更新した。
 児童虐待は、今年1月に千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、両親が傷害容疑で相次いで逮捕されるなど後を絶たない。
 通告児童数は過去5年間で約2・8倍に増加。30年分の内訳は、暴言などの心理的虐待が5万7326人と7割を占めた。暴力による身体的虐待が1万4821人、ネグレクト(育児放棄)などの怠慢・拒否が7699人、性的虐待が258人で、いずれも前年を上回った。」
   ・   ・   ・